お小遣い制は離婚に直結する!?

離婚の原因としてよく「価値観の違い」といった理由を耳にします。価値観とは様々なとらえ方ができますが、働き方の違いであったり、子育ての意見の対立であったり。また、家事分担や親せきづきあいなども挙げられます。
中でも、多く耳にするのが金銭的な価値観の違いです。
結婚して会計を一緒にしてしまうと、収入も個人的な出費もお互いが手に取るようにわかります。
例えば、あるご主人のお小遣いが月3万円だったとします。1日1,000円の計算です。1日千円であれば、とくにランチにお金を使わない限りは頑張れば何とかなる計算です。
しかし、サラリーマンなら月に1回はカットに行くという人も多いはずです。とくに営業マンなら身だしなみにもお金をかける必要があります。
また、仕事先の付き合いで飲みに行くことが常になっている人もいます。仕事で使うスーツや靴だっていつまでも同じという訳にはいきません。
こうした月々に必ず必要な経費までも小遣いから出さなければいけないとなると、不満が溜まる人もおおいかと思います。
お小遣い制を導入するのなら、あらかじめどこからどこまでをお小遣いでまかない、どの程度なら家計から出費しても良いのかボーダーを決めておくことをお勧めします。